蒼い心と秋の空

移り変わりの多い蒼のブログです~話題いろいろであります。

葬式 

蒼の勝手なる持論なんで調べてはないのですけど


葬式ってなんのためにあると思いますか?


亡くなった人を来世に送り出すため?
亡くなった人を最後のサヨナラをいうため?
亡くなった人の魂成仏させるため??



実は全く違うんです。


本当は生きてる人間が
その人の死を受け入れるための儀式なんです


人の死の悲しみというのは
ある意味その死を受け入れられない拒否から始まるんです。

今まで息をしてた人がいなくなったと言われても
うけいれがたいものです。
頭でその人の死をうけいれても
心ではその人の死を受け入れてない場合があります。
それをご遺体を見ることにより
心と頭を合致させ、気持ちに整理をつけるんです。
そこで泣くという行為がその受け入れの一つの手段だったりもします。
泣かずに気丈に振舞ってる人は割と大切な度合いが高い人ほど追いかけて亡くなることが多いとも聞きます。それもその方の死を心が受け入れられなかった為です。

それが葬儀の意味の一つだと私は思うんです。
なのである意味葬儀は生きてる人たちのために行われてるものなんだと私の持論です。


何故にそういう持論に言ったかというと

とある友人が
本当にお世話になったお婆ちゃんの葬儀に行かなかったらしいです。

彼女は母親がいなくて、
お婆ちゃんのそばで育ってて
大学まで入れてくれて
思春期で困らせたこともあって
これからお婆ちゃん孝行しようと
仕事を辞めて実家に帰ろうと思ってた矢先に

亡くなったというしらせを受けたが
仕事が忙しく、さらに身内の死を受け入れたくないため
お婆ちゃんの死んでる姿を見るのが怖くて
受け入れたくなくて
全く葬儀にも何も顔を出さなかったみたいで
彼女が戻ったのは49日過ぎてからだったみたいです。

彼女はお婆ちゃんが亡くなって一年経った以上経っても

葬儀に行かなかったことへの後悔と
あれだけ良くしてもらっててお婆ちゃんは怒ってるのでは?
私を恨んでるのでは??と

未だにおばあさんの気持ちの整理がついてないのです。


私的に最後にお婆ちゃんの亡骸に会ってないからだと彼女に言いました。
そこで葬儀の意味を彼女に話してる間に理解して
そのように彼女に伝えました。

お婆ちゃんはあなたがお婆ちゃんに会いたくなくて葬儀に出なかっのではないことはきっとわかってる。
亡骸を見てないからあなたはお婆ちゃんの死を心で理解できてないから
お婆ちゃんに未だに縛られてるんだよ。

きちんとお婆ちゃんのお墓でしっかり手を合わせて
今の思いを告げていくしかないと

彼女には話しました。
その時にふと葬儀の意味というのを自分で理解した感じです。
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://xxordinarydaysxx.blog54.fc2.com/tb.php/6823-edd83959
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP