蒼い心と秋の空

移り変わりの多い蒼のブログです~話題いろいろであります。

座右の銘 

そういや、
Cure Rubbishの座右の銘送ったのにラジオないじゃないか!



ってことで
私の座右の銘が新しくできました


what goes around comes around


和訳すると因果応報。


実は10年前から因果応報を胸に生きてはいるんですよ。
あえて座右の銘にしてなかっただけ


あえて今までの座右の銘をいうならば

ordinary days
(平凡な日々)

なんも考えずに生きてんのか!って言われがちな座右の銘ですが


私はマッキーの音楽好きなんですよ!
ordinary daysという曲があるので是非とも聞いてみてください。

ざっと
内容的には
自分らしく生きよう!という歌詞です。
平凡な時こそ笑って幸せを見つけていこう!

という曲で
私はその曲どおりに生きてきて

もうやり尽くしたかなぁーつかすでに
ordinary daysのような生き方してるわーーって
思ってね。

この曲を初めて聞いた時
衝撃的で周りに気を使ってばっかり自分を出せずに
居たので根っからの長女基質ですね。
私が我慢すればいい!ってやつ


そうか自分らしくでいいんだと当時は衝撃的でボロボロ泣きながらこの曲を聞いてました。

今ではもう既にそのような生き方をしてるので
あらかた自分らしく生きてるなぁと
ただ、時折我慢しちゃうんですけどね。


そんな中で色んな不条理ってのも感じることある訳ですよ。

基本的に自分が嫌なことは他人にはやらないというスタンス

その信念に反すると
多分今の明るい自分は保てなくなるくらい
自分に課してる使命だったりします。

そこを突き詰めて考えて言ったら

因果応報。

ということに気づいたのが10年前
つかさ、昔の人は本当にいい言葉を作ったよね
この四文字で全てが分かるわけですよ。

つまり自分が嫌なことを相手にやったら
自分に戻るから
どんなことしてもやってはいけない!縛りを
自分の人生に課したわけです。
縛ってるように見えてある意味信念みたいなものですのでそれで辛いことは無いです。

だって自分がやなことやらなければいいだけ

人間って嫌な奴っているんですよ
こいつ嫌いだからって悪意を
もっていじわるする人は大人にも子供にもいる。
それは仕方ない個性があるから合う合わないはあるわけで…
それが鼻につくっていう人もいるでしょう。

以前、私が嫌いっていう人がいたんですよ。
まぁ出会いから悪かった。
私には全く悪気はなかったんだけど
相手は年上だし上司だったので
そこから生意気と思われて
微妙に辛く当たられました。

それに対して私は
不条理な意地悪には反論せずに
かと言って優しくはしないけど
仕事だと仕事に影響することはきちんと
伝えてとか違うと主張しつつ
仕事を辞めずにやってきました。


そしたらね
その人大変な事件を起こして辞めてしまって
その取り巻きで私をいびってた人も
難病にかかったり、勤め先の薬局が閉鎖したりと

正直怖かった
因果応報ってあるんだなと
まじで!いじわるしてる人気をつけて

私の持論では
人は悪い事だと思って悪いことをすると
少なからず気持ちに罪の意識が蓄積されるんです。

それがサイコパスのように気持ちがない人だとそれは蓄積しませんが
普通の感情のある人間だと
少し自分が言われたら嫌だなぁとか
やられたら嫌だなぁって思うんですよ。

人って悪いことする時って多分自分に余裕が無い時なんですね。
正しい判断ができないとか、家庭で嫌なことあったとか、疲れてるとか…そういう時
多分みなさん衝動的なんですよ。

本当は相手に嫌な思いをさせたくないわけ

私だって毎日毎日嫌なことされてたわけでもないですしね。


ふと自分に余裕が出来た時
あいつにそれをやって申し訳なかったって思うんです。
でも大人になるとそこで謝罪もしない

そこで謝罪をしたら少し軽くなると思うんですが
そこで謝罪しないから蓄積する。

多分それは小さなモヤモヤだったりするんですが
それを繰り返していつしか
あー悪かったなぁと思わなくなる
でもその人の良心は痛み続けている。
その痛みがわからない


良心が痛むのが鈍化していくんですね。


それが後ろめたさに代わり
自分らしく生きれなくなり
自分をさらけ出すのが怖くなる
それによりストレスが出てくる
はけ口が欲しくて
匿名で喋る
さらに嫌な気分になる
なんだろうそのモヤモヤに気を取られ

大問題を引き起こす


それが因果応報なのかなとも思います。


マッキーは信じようが信じまいがで
宇宙が見てるとか言ってますが
何より自分の心が覚えてるんです。
痛みとして



スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://xxordinarydaysxx.blog54.fc2.com/tb.php/7187-5258eae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP