蒼い心と秋の空

移り変わりの多い蒼のブログです~話題いろいろであります。

週刊誌 

週刊誌がこぞってこの薬は危険だ!!と
書きまくってる記事が出回ってて

コンプラ悪くなってると医師はとてつもなく怒って。服薬拒否もあいまって医師は困ってるようだ



わし的には薬について逆境に見えてるこの状況だが
薬剤師にとっては私たちの力を見せるための追い風だと思ってる。


薬剤師がいかに患者さんへ薬を飲ませるか
その話術が薬剤師に求められてるということ
この逆境に打ち勝ってこそ
医師から薬剤師がいて良かったと思わせるのにいい機会なのでかとも思うのです。


つか雑誌のいう所は基本的に嘘ではない(少々誇張してますけど)

元々、薬は毒を効果として出してるもので
体にいい薬というものは基本的にない。
だからこそ薬の専門家
薬剤師という者がいるわけ

薬剤師は体内動態、
副作用情報を偏りなく網羅し
さらに医師の病状なども全般的に理解してないといけない。

医師のように何科の先生ってわけでないので
満遍なくの薬の知識が必要なわけで
ちな、医師は自分の範囲の薬しか知らないよ
だから医薬分業が出来たわけ

この薬は副作用ないですか?と患者さんから聞かれること1位でありますが


私は副作用がない薬はない!と

患者さんに投げかけます。
その中でさらに患者さんへより薬の大切さを話すのです。


話は変わりますが
詐欺の特徴ってなんだと思います?

詐欺の特徴は自分にとって有利なことしか言わないという特徴があります。

本来ならば長所もあって短所があるのが物事なのですが詐欺の場合はいいことばかりしか無いのです。そして詐欺師は言います。

あなたにとってこれはいい事ばかりです!
あなたが嫌なこと思うことは全くないです。

そういうものには必ず裏があるのです。


なので薬に関しても必ず短所を私は最初に言います。
副作用はありますと
そこから説得させるように病状と効果を踏まえて患者さんのコンプラを良くさせるのです。

なので、雑誌とかで書かれてることは本当です。
医師が怒るのはその為です
でも、私はそれを持ってでもして
薬のプロが患者さんにきちんと薬を飲ませる。


薬剤師は善良な詐欺なのかもしれない(笑)
でもわしは善良の詐欺師でいたい
そんな力を持てるような薬剤師でいたいわけです。
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://xxordinarydaysxx.blog54.fc2.com/tb.php/7318-8593aafa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP