蒼い心と秋の空

移り変わりの多い蒼のブログです~話題いろいろであります。

藤子不二雄と私なりのタイムマシン 

のマンガを見てます。
1970年代から今の状況を予想し風雅的に漫画に
して
いまならそう!と思える漫画

それを1970年で考えてたんですな。


わしはSFマンガが大好きです!
ロマンだし何かの風刺にもなるし
凄くメッセージ性の高いじゃないですか!

一時期、仕事場でドラえもん全巻制覇し
あまりにも暇な職場だったんで


ふとタイムマシンは本当にできないのか??

と思い馳せました。

タイムマシンが未来に作られないのは
未来人が現代に来てないから
という理論と、
時空を越えるにも光の速さよりもの速度が必要で
それに肉体が耐えられないという科学的根拠もあるからです。
また一番の問題はタイムパラドックス。


だけれども不可能ではない。


ふと、夢ならどうなんだろう??と考えました。
私もそんなこと研究してるものでもないので
ぼんやりなんですが

夢。
意識だけのタイムトラベル。


そんな事考えてたらその後に藤崎竜さんが似たような漫画を描いててわしは鳥肌立ちました。
それはタイムトラベルではなかったんですがね。


私のタイムマシーンの考えは
肉体は現代にいるけど意識だけが過去や未来を飛ぶんです。


そうすると、
タイムパラドックスは起こりづらい
こっちは肉体がないのだから簡単に殺すことも出来ないし、何かを支持することも出来ない。

光の速さよりも早くないと時空は越えられないならば
意識だけならば壊れることもない。


さてはて、でも未来人は現代にどんな形でいるんだろうか??

それは霊という形。


霊感の強い人だとここに居る!とかいうじゃないですか?
その俗に言う霊の一つが未来人なのでは?タイムトラベルしてきた未来人なのかもしれないと
私は思うのです。


今までこの仮説を力説しまくってたんですが
鼻で笑われることばかり
誰も分かってくれない(´・ ・`)

いっその事私がつくるか?タイムマシン
スポンサーサイト

カテゴリ: その他

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://xxordinarydaysxx.blog54.fc2.com/tb.php/7326-f7dae6c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP